毎日のヘアケアで美しい髪をつくる

ヘアケアいくつになっても美しい髪は、女性のあこがれです。ヘアも頭皮も年齢と同じく年をとっていくので、毎日のヘアケアが大切です。髪や地肌のゴールデンタイムも夜10時から2時といわれており、この時間に髪や頭皮に汚れが残らないようにしないといけません。

眠っている間は体温が下がるので、皮脂汚れが毛穴につまったまま固まり、落ちにくくなるし、不快なにおいの原因にもなるので、寝る時はなるべく何もつけないことが良いです。また夏でも湯船につかる習慣をつけると、頭皮の血行が促進され、強く美しい髪が育ちます。

ヘアケアの基本は、シャンプーですが、シャンプー前にブラッシングして髪の汚れを浮き上がらせます。ブラッシングをしないと、髪がもつれたままシャンプーをすると髪に無理な力がかかってしまい、ダメージの原因になってしまいます。

シャンプーをつける前に髪を十分に濡らし、ぬるま湯だけで髪の汚れを落とすつもりで丁寧に、お湯で洗髪を1〜2分行い、それからシャンプーを手にとり、お湯を少し加えて手で泡だてます。泡は髪の摩擦も防ぐので、キューティクルへのダメージも最小限に抑えることができます。シャンプー原液が頭皮につくと、髪全体に行きわたらず、かゆみなどのダメージの原因になります。シャンプーをよく泡だてることがヘアケアには大切です。

シャンプーが泡立ったら、頭皮のほうからつけていき、地肌を指でマッサージしながら洗い、この時爪を立てないように、指で丸く血行を促進するようなイメージで行うのが大切です。そしてすすぎも頭皮のほうからシャワーを当てて、シャンプーが地肌や髪に残らないよう、十分過ぎる程行います。

トリートメントは毛先中心につけ、地肌につけないように注意し、5分くらいおいたら流します。コンディショナーやリンスの場合は髪をコーティングするだけなので、放置せずすぐ流します。髪を濡れたまま放置すると、髪にダメージを与えるので、お風呂から出たらすぐにタオルドライをしっかりします。毎日のヘアケアが美しい髪をつくります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>