カテゴリー別アーカイブ: ヘアケア

体の内外からのヘアケア

髪も体の一部なので、体の内外からのヘアケアも大切です。髪質の変化は加齢と共におき、髪は栄養不足になると髪が成長できず、髪のこしやはりが無くなり進行すると抜け毛が多くなったりします。人の体は寝てる時に成長します。特に22時〜翌2時の睡眠をとると頭皮環境がよくなり、健康な髪が生まれます。

髪の毛は、タンパク質の一種によって作られている為に、偏った食生活によってタンパク質が不足しがちになると、髪を生成する原材料も不足してしまい、健康な人でも毎日50?100本程度抜け落ちると言われる髪の毛です。一定の毛髪量を保つには、肉や魚に含まれる動物性タンパク質、穀物や豆類などに含まれる植物性タンパク質をバランスよく取ることで、体全体の健康、そして髪の健康を十分良くしてケアヘアをおこないましょう。

髪が喜ぶ栄養素 は、ビタミンで、なかでもビタミンB郡とビタミンDは髪の健康にバツグンの効果を発揮します。

皮膚や粘膜の健康を維持し、髪の主成分であるケラチンをタンパク質から合成するのに不可欠とされるビタミンB6です。ほかにもさまざまな作用によって髪の健康を保つビタミンB郡は、髪の健康に必要な栄養素です。穀物、卵、アボガド、豆類などの食品に多く含まれています。

髪を生き返らせるビタミンとして近年注目を集めているのがビタミンDです。髪の生産を止めてしまった頭皮の細胞を復活させ、ビタミンDはいわし・サケなどの魚類や、キクラゲ・しいたけなどのキノコ類から摂取することができます。

または、髪には ミネラルも大切です。鉄分・亜鉛をはじめとするミネラルは、タンパク質・ビタミンとともに髪の健康に欠かせない栄養素で、鉄分は血中におけるヘモグロビンの生成を助け、頭皮に酸素が行き届きやすくする働きがあります。また亜鉛にはタンパク質の合成を助ける作用があり、髪の主成分であるケラチンの生成に欠かせない栄養素の1つとされています。これらのミネラルは、赤身肉・魚介類・大豆・のり・ひじきといった食品に豊富に含まれています。

体の内外からヘアケアしていく事が大切です。

毎日のヘアケアで美しい髪をつくる

ヘアケアいくつになっても美しい髪は、女性のあこがれです。ヘアも頭皮も年齢と同じく年をとっていくので、毎日のヘアケアが大切です。髪や地肌のゴールデンタイムも夜10時から2時といわれており、この時間に髪や頭皮に汚れが残らないようにしないといけません。

眠っている間は体温が下がるので、皮脂汚れが毛穴につまったまま固まり、落ちにくくなるし、不快なにおいの原因にもなるので、寝る時はなるべく何もつけないことが良いです。また夏でも湯船につかる習慣をつけると、頭皮の血行が促進され、強く美しい髪が育ちます。

ヘアケアの基本は、シャンプーですが、シャンプー前にブラッシングして髪の汚れを浮き上がらせます。ブラッシングをしないと、髪がもつれたままシャンプーをすると髪に無理な力がかかってしまい、ダメージの原因になってしまいます。

シャンプーをつける前に髪を十分に濡らし、ぬるま湯だけで髪の汚れを落とすつもりで丁寧に、お湯で洗髪を1〜2分行い、それからシャンプーを手にとり、お湯を少し加えて手で泡だてます。泡は髪の摩擦も防ぐので、キューティクルへのダメージも最小限に抑えることができます。シャンプー原液が頭皮につくと、髪全体に行きわたらず、かゆみなどのダメージの原因になります。シャンプーをよく泡だてることがヘアケアには大切です。

シャンプーが泡立ったら、頭皮のほうからつけていき、地肌を指でマッサージしながら洗い、この時爪を立てないように、指で丸く血行を促進するようなイメージで行うのが大切です。そしてすすぎも頭皮のほうからシャワーを当てて、シャンプーが地肌や髪に残らないよう、十分過ぎる程行います。

トリートメントは毛先中心につけ、地肌につけないように注意し、5分くらいおいたら流します。コンディショナーやリンスの場合は髪をコーティングするだけなので、放置せずすぐ流します。髪を濡れたまま放置すると、髪にダメージを与えるので、お風呂から出たらすぐにタオルドライをしっかりします。毎日のヘアケアが美しい髪をつくります。